SHANTI SHANTIスタンプ

SHANTI SHANTIのスタンプが届きました!今までずっと雇用されていた身としては、このようなことも全て新鮮です。

これまで職場で領収書を書くこともありましたが、実際に作る段階になると、そこに何が書かれていたのか、確実に思い出すことができませんでした。そうやって自分に直接関係ない仕事にはぼんやりと対応していたのかも知れません。

以前インドに住んでいたことがあり、その時に英語を教えてくれるマダムの家に通っていたことがあります。生徒は20人ほどで、ビギナーも上級者も関係なく一つのクラスでした。そこは英語の勉強はもちろん、マダムが母親のように子供に生き方を教えてくれるような場所でした。3ヶ月という短い期間でしたが、授業は平日5日、仕事の前に毎日1時間。

マダムはとてもエネルギッシュで温かい方で、会った瞬間から明るく全てを包み込んでくれるような人柄でした。生徒全員がすぐに心を掴まれ、毎日山のような宿題と次の日の予習がありましたが、休んだり途中で辞める人はほとんどいませんでした。

そんなある日、いつも通り席に着くとマダムが、「あなたたちはこのフロアまで階段を上ってきたわよね?階段はここまで何段あった?」と質問されました。

答えられる人は誰もいませんでした。

次の日、また同じ質問をされ、何人かが正解を答えました。

その次の日、同じ質問に正解を答える生徒。でもマダムは、「その答えはあなたが本当に数えたの?それとも昨日誰かが数えた答えを繰り返しているの?」と。

もちろん、階段の数が重要なのではなく、毎日そうした何気ないことを素通りして生きないで、と言われているようでした。

私たちの心や体も、目を向けないために無理をさせてしまっていることがあるのではないでしょうか?

苦手なことを手放したり、苦手なんだと認識することで、心と体がすーっと軽くなることもあるかも知れません。反対に、好きだけど自信がないことがやっぱり自分に向いているとわかることで前向きになれるかも知れません。

SHANTI SHANTIでは、お客様と一緒にお客様ご自身の体質や性質を読み解くことで、安心したり気にかけたり、何か新しい糸口が見つかれば、という気持ちでカウンセリングを設けています。

心と体は繋がっています!何かもやもやとした不調でお悩みの方は、ぜひ一度SHANTI SHANTIにいらしてみませんか?

SHANTI SHANTI(シャンティシャンティ)のご予約はコチラから↓


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © 2017 SHANTI SHANTI All Rights Reserved.

  • w-facebook
  • White Instagram Icon
  • Twitter Clean